デザインの専門学校で学んだ知識はどういった分野で生かせるのか

デザイナーとして働くこと

世の中のあらゆる商品は、デザイナーによってデザインされています。普段何気なく使用している物でも、工業品であれば工業デザイナーが、服であればファッションデザイナーがデザインしているのです。つまり、デザイナーという仕事は、世の中になくてはならない存在であると言えます。デザイナーといっても分野によって様々であり、専門学校ではそれぞれの分野ごとにコースを設けています。デザインをするという点は共通ですが、求められているデザイン自体が異なるのです。

独学では限界があるので指導を受ける意味はある

デザインは感覚的なものであり、専門学校で学ぶ意味はないのではと考えている方もいるでしょう。しかし、それは間違いです。感覚的な面があることは否定しませんが、実際に製品にするにあたっては必要な規格があります。そのような点を学ばないと、商品として具体化をすることができません。したがって、そのような約束事を学ぶこともまたデザインの勉強のうちなので、専門学校でデザインを勉強することには意味があるのです。無駄なことは一つもないと言ってよいでしょう。

専門学校ごとに特色が異なる

前述のように、デザイナーは分野ごとに異なる能力を必要とします。そのため、専門学校を選ぶ際にも、カリキュラムや得意分野といった点を考慮して、自分の目指すべき道に適した学校を選択すべきです。その点を具体的に判断するには、パンフレッドを取り寄せたりその学校のOBについて調べたりして、データを取得することを勧めます。客観的なデータを集めることで、その学校の特色を知ることができるからです。この方法でぜひ、自分に適した専門学校を探してみて下さい。

ゲームの専門学校に通うことで、プロになるための技術などを身に付けることができますが、先に入学している先輩や先生などに積極的に関わることにより、技術の吸収力が上がり、プロになれるきっかけにもなります。